人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クロージング前

オプション期間が過ぎましたら、後はクロージングまでまっしぐらです。

この期間に住宅ローン会社は、家の価値の査定を出し、ローンの最終許可を出し、クロージングの日にその貸し出す金額をクローズをするタイトル会社に送金する手続きをします。

リアルターも、銀行側などに連絡をし近況を確認すると思いますし、タイトル会社も同様に、クロージングに全て整うかのフォローアップをすると思いますが、この間に更に必要な書類など求められる事もありますので、ローン申請の時に提出した書類などはいつでも再提出できるように準備しておいてください。

私個人の経験ですが、クロージング前に、銀行が行う、ランダムな点検?というものに引っかかり、
アメリカ滞在許可の書類(ビザや永住権、アメリカのパスポートなど)を提出するように
クロージング直前に言われ、もしかして、ローンが下りないのでは???と、
かなりハラハラしました。

そういう事もあるようです。

またローンの手続きも無事進み、後はクロージングを待つのみ…という間に行う事は、

家の保険、洪水の保険(FLOOD INSURANCE)などの保険の用意、
公共のサービスの手続き、
学校の手続き、
クロージングに持参する金額の用意
などがあります。

クロージングに持参する金額は、タイトル会社が事前にお知らせくださるので、ご自身の銀行に行かれて必ずキャッシャーズチェックを作ってもらってください。小切手や現金では受け取りません。


クロージングの前に、タイトル会社がHUD-1というクロージングステートメント(家の売買の金額の明細のようなもの)を送ってきます。 
これを事前に必ずご覧ください。 このHUD-1で不明な点などがあれば、タイトル会社に連絡してくだされば、一つ一つ不明な点を説明してくれます。

そして、最後に、クロージングに行く前に、購入する家のWALK THROUGHというものがあります。これは家を購入する前の最終点検のようなもので、契約書にのっとった内容、状態であるかを
バイヤー側が点検するものです。
クロージング前に忙しいとは思うのですが、これは必ず行ってください。

例えば、売り手が、置いていくと合意していたものが、クロージング直前のWALK THROUGHで確認したら、なくなっていた、なんてこともありうる事です。

これが終わったら、あとはクロージングへまっしぐら…です。
by houstonrealtor | 2012-03-15 12:08 | ヒューストン家の買い方

ヒューストン日本人不動産エージェントです。テキサス州ヒューストンの不動産の売買、賃貸する人への少しでも助けになればと思い開設しました。


by houstonrealtor