人気ブログランキング |

家を購入する前に考える事~その1賃貸VS購入   

2012年 10月 19日

家を購入する...というのはアメリカでもアメリカンドリームの一つとなっています。
ただし、日本と異なり、マイホームは一生ものという考えは非常に少なく、アメリカでは平均して7年ほどで家を売買しています。 購入や売却が日本と比べて安易な事もあり、生活体制によって住む家を変える方が多くいます。(独身→結婚→子供→子どもの巣立ちなど)

...か、と言って家を購入するというのは大きな買い物であり、責任もあります。
家を購入するか、賃貸にするか...と迷っている方は、購入VS賃貸でどちらが自分の今の生活体制にあっているか?考える事も大切かと思います。

ここで私なりに両者の利点と難点を上げてみました。これは私個人の勝手な意見ですので、参考までにご覧ください。
①購入する場合の利点
自分の家がもてる
資産になる(将来値が上がれば売却時に利益につながり、売却しなければ子供にも資産の一部として残せる)
家賃と違って払い捨てにならない(自分の家のローンに返済される)
好きなようにリモデルできる
賃貸と異なり、翌年の家賃の値上がりなどを心配することはない
税金対策の一部になる(固定資産税、住宅ローンの利子などを税金申告であげられる:2014年現在)
近所の方たちとより深い関係を持てる(ホームオーナーズの集まりや、イベントなど、地域によって異なる)
万が一引っ越す時も、賃貸にして収入を得る事が可能

②購入する場合の難点(賃貸と比べて)
修理などは自分の費用と責任で行う
固定資産税(PROPERTY TAX)を支払う義務が家の持ち主のみあり、その率は将来上がる可能性がある。
気に入らなかったといってすぐに賃貸のように引っ越しをすることはできない
家の維持費がかかる(エアコン、屋根、庭の手入れなど)

③賃貸の利点(持ち家と比べて)
修理の心配はない(アパートであれば賃貸に含まれており、個人物件の賃貸であれば一定の金額以上は大家が修理することが多い)
アパートの場合は、全て敷地内にある管理オフィスに依頼をすれば対応してくれる便利さがある。
アパートであれば、荷物なども代わりに預かってくれる。
気に入らなかった場合も契約が切れれば引っ越しができる
固定資産税などの税金を考える必要がない

④賃貸の難点
更新の際の値上がり
大家やアパートの管理会社の質が入ってみないと分からない
好きなように改造、改築などできない、ペンキなどの塗り替えもできない
アパートであれば狭いうえに、上下の住民が騒がしい可能性もあり

これらの条件などを考えながら、更に毎月のローン額と、賃貸額とでどちらがご自身の生活体制にあっているか?などを考える事も大切だと思います。 
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2012-10-19 01:41 | ヒューストン家の買い方 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://texashome.exblog.jp/tb/22442560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< HARの2013年2月のマーケ... 誰が何を払うの? >>