HAR ( ヒューストン不動産協会)からの9月の売り上げ状況が発表されました   

2017年 10月 22日

HAR.COM( ヒューストン不動産協会)より9月の不動産販売状況の発表がされました。
ご存知の通りハリケーンHARVEYの影響で、ヒューストンの不動産は影響を受けております。HARVEYやその後のBAKER RESERVOIRなどのダムの放水で家が浸水したりした方が多かったために、家を賃貸しなければならない方が急激に増えた事もあり、ポジティブな結果となっています。

以下が今回の報告の簡単な要約です。詳細はHAR.COM をご覧ください。

8月の最終週にハリケーンHARVEYとの闘いがありましたが、ヒューストンは文字通り”HOUSTON STRONG"の反発力を見せ、家の販売や強い賃貸の動きを見せました。
HARによりますと、家の販売は昨年の9月と比較して4.2%の上昇、そして8月と比較すると24%もの上昇を記録しています。$150,000以下の価格帯を除き、全ての価格帯の物件が売り上げの記録を出しており、$500,000-$700,000の価格帯はとても良い販売記録を出しています。今年初めからのデーターを比較すると、HARVEYの影響があったにも関わらず、2016年度の売上と比べて2.3%上昇しています。

予想していた通り、物件は浸水し、一般消費者が探している家がとても少ない状況になっています。その間もINVENTORY 期間(今出ている物件が全て売り払われるまでの期間。一般的に6か月以下であればSELLER側に有利なSELLERマーケット、6か月以上であればBUYER側に有利なBUYERマーケットと呼ばれています)は、3.9か月から4.1か月に変わっていますが、HARVEYの後には4.4か月に変わっています。

HARVEYのもたらした災害の為に、多くの市民が家を失い、ヒューストン中の賃貸物件のニーズが高まりました。一軒家の賃貸は83.6%、コンドミニアムやタウンホームは92.2%という賃貸率、そして賃貸価格は7.9%上昇し、コンドミニアムやタウンホームは5.4%値上がりしています。

Harveyの後も、一軒家のメディアン価格(中間値:代表値の一つで、有限個のデータを小さい順に並べたとき中央に位置する値。たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に年寄りな人の年齢である。ただし、データが偶数個の場合は、中央に近い2つの値の算術平均をとる。中央値の事を、メディアン、メジアン、中間値とも呼ぶ。Wikipedia より)は、5.5%上昇の$232,000。平均価格は5.4%上昇の$291,767となっており、これらは9月の記録的な数字となっています。

9月の販売数は8,150軒、去年の9月と比較すると3.4%の上昇です。総合販売価格は10.2%上昇の2.3ビリオンドルとなっています。



[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2017-10-22 06:13 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://texashome.exblog.jp/tb/26125716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10/27-29ヒューストンの... 不動産の賃貸に関して注意する事 >>