人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヒューストン2月の不動産マーケット情報が発表されました

HAR(Houston Association of Realtors) より2月の不動産販売情報が発表されましたので、掲載いたします。
引き続き物件が少ない状況が続いており、マーケットに物件が出ると競合で値段が釣り合がる傾向にありますため、BUYERにとっては依然と厳しい状況に置かれています。

英語の本文はこちらをご参照ください。

以下は簡単な概要になります。

●戸建ての販売は22.9%の上昇で(一年比較)これは昨年の2月は大寒波で家の販売が滞った時期があった事も影響しています。2020年の2月と比較すると23.3%の上昇
●DOM(マーケットに出てからオファーを受けて契約が成立するまでの日程)は、48日から41日
●総売り上げ戸数は9299戸
●総売り上げ価格は43.5%上昇の3.5ビリオンドル
●戸建ての平均価格は13.4%上昇の$395871(これは過去最高の記録を出しています)
●戸建ての中央値は19.3%上昇の$328,000(これも同様に記録的な数字です)
●戸建てのインベントリー期間は1.3か月(昨年は1.5か月)全米の平均インベントリー期間は1.6か月(インベントリーに関しては、以下の記事に説明があります)
●タウンホーム、コンドミニアム販売は35.9%の上昇、平均価格は22.4%の上昇の$266,366
●戸建ての賃貸数は23.8%上昇で、価格は6.5%上昇の平均価格$2052
●タウンホーム、コンドミニアムの賃貸は1%減少、平均価格は7.9%上昇の$1767

ヒューストンの不動産マーケットは、インベントリー(マーケットに出ている家)が蒸発してなくなるような状態にもかかわらずポジティブな域を達した二月でした。
家の売買に関しては、去年と比べて倍以上の売り上げを記録していますが、これは昨年の二月は一部大寒波の影響で不動産の売買などが滞ったため、その差が出ています。
HAR(Houston Association Of REALTORS)の情報では戸建ての販売は22.9%の伸びで、7372戸の売り上げ(2021年2月は5997戸)”通常の2月”(2020年の2月)と比較すると23.3%の上昇です。マーケットに出ている家が少ない(供給が少ない)ため、消費者の戸建て賃貸の需要が高まった月でした。
戸建て価格帯$250-500,000の売却数は、一年を比較して80.1%の上昇、$500-1ミリオンの価格帯は二番目の73.2%の上昇。その後は1ミリオン以上のラグジュアリーマーケットで33.5%の上昇でした。

最近では、戸建て$250,000以下という物件がないため、家の購入者たちは$250,000以上の物件を探すしかない状況です。戸建ての平均価格は昨年と比べて13.4%上昇の$395,871で、中央値価格は19.3%上昇の$328,000でした。

全ての物件に関しては、25.6%の上昇の9299戸。総売上額は3.5ビリオンドルでした。
<賃貸マーケット情報>
ヒューストンの賃貸マーケットは2月も好調でした。家の購入を延期するバイヤーたちが戸建て賃貸を求めています。戸建ての賃貸数は昨年と比べて23.8%の上昇。ただし、タウンホームやコンドミニアムは1.0%減少しています。平均の戸建て価格は6.5%上昇(2021年2月比)$2052、平均のタウンホームやコンドミニアムの価格は$1767でした。

<2月の比較>
February was a strong month for Houston real estate, despite year-over-year readings that were distorted by the interruption to real estate caused by the Arctic blast last February. Single-family home sales rose 22.9 percent year-over-year. When compared to the last “normal” February, in 2020, sales were up 23.3 percent. On a year-to-date basis, sales are running 15.4 percent ahead of 2021’s record pace.
Most of the other monthly measurements were also positive. Pending sales jumped 23.6 percent. However, total active listings — or the total number of available properties — fell 10.7 percent as a result of the steady homebuying that never let up as Houston’s record-setting real estate year of 2021 ended and 2022 began.
戸建てのインベントリーは1.3か月です。昨年2月は1.5か月でした。(インベントリー期間…今マーケットに出ている物件が全て売り切る日程を仮定する数字。5か月以下だとSELLERマーケットで、売り手市場、7か月以上だとBUYERマーケットの買手市場、6か月がバランスが取れている市場といわれています)
昨年一年を比較すると一番インベントリー期間数が高かったのは、昨年8月の1.8か月でした。全米でのインベントリー期間は1.6か月という事です(NATIONAL ASSOCIATION OF REALTORより)

<戸建ての価格帯ごとの販売数>
Broken out by housing segment, February sales performed as follows:
  • $1 - $99,999: decreased 24.0 percent
  • $100,000 - $149,999: decreased 53.5 percent
  • $150,000 - $249,999: decreased 44.1 percent
  • $250,000 - $499,999: increased 80.1 percent
  • $500,000 - $999,999: increased 72.3 percent
  • $1M and above: increased 33.5 percent
HARの2022年のPDF版はこちらからご覧ください。 please click HERE to access a downloadable PDF file.
<タウンホーム、コンドミニアムの売り上げ>



by houstonrealtor | 2022-03-12 01:27 | ヒューストン不動産

ヒューストン日本人不動産エージェントです。テキサス州ヒューストンの不動産の売買、賃貸する人への少しでも助けになればと思い開設しました。


by houstonrealtor