人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヒューストン不動産協会から8月の不動産マーケットの報告がありました。

ヒューストンマーケットは、パンデミック前の”普通”のマーケット状態に戻りつつあります。パンデミック後のマーケットはSELLER側はどの価格で物件を出しても、その価格で購入する人がおり、競合が出て値段が吊り上がるような異常なマーケットでした。
今はBUYER側も少し余裕をもって物件を見ることができますし、競合で値段が吊り上がるような事も少なくなってきています。またSELLERに対してある程度交渉する余地も出てきています。逆に今までのマーケットのように強気価格でマーケットに出すSELLERは物件のオファーなどが入らず、物件がそのままマーケットに残ってしまう恐れもありネガティブな印象を与えるリスクもありますので、リスト価格を今のマーケットに併せた価格にする(欲張りにならない)事が大きなキーであると思います。
BUYER側はローンを組む方は金利の上昇に伴い、購入価格帯を下げなければならない方もいると思いますし、不動産価格の上昇で購入したい家が自分の価格帯に入らない方、今まで計画していた価格を上げなければならない方などいらっしゃると思いますが、マーケットが落ち着きを戻している今も購入に適している時期だと思います。
ヒューストン不動産協会から8月の不動産マーケットの報告がありました。_e0245771_03592618.jpg
さて、ヒューストン不動産協会(HAR) から8月の不動産販売状況の報告がされましたので、掲載します。
以下が概要です。

ヒューストンの不動産マーケットは、パンデミック以前のレベルに戻りつつあります。8月は、5月連続で販売数が減り、インベントリー(売りに出ている物件)が上昇しています。ただし、戸建ての賃貸のニーズの急増が、消費者たちが金利の上昇と不動産価格の上昇のため家の購入を一旦保留にしたのではなく、賃貸に切り替えた事を示しています。これらの要因が、インベントリー(売りに出ている物件)を二年間の中で一番高い数字にしています。

HARの8月のマーケット情報によりますと、戸建ての販売は16.9%減少の8241戸の売り上げ(2021年8月は9918戸)。これは2022の2月依頼の低い数字です。

8月は$500,000から1ミリオンドルの戸建て価格帯歯10%上昇しましたが、それ以外は全ての価格帯が売り上げが減少しました。$250,000から$500,000の価格帯は10.6%の減少です。$250,000以下の物件はあまりないという事もあり、売り上げが減っています。この価格帯の人たちは家の購入を一旦諦めて賃貸に切り替えている傾向があるようです。

平均の戸建て売り上げ価格は、8.7%上昇の$411671を記録しています。これは2022年3月の最高価格$438591から8.7%下がっています。中央値価格は$341950で、これも2022年の6月の最高記録$354440より10.8%下がっています。今年の3月に初めてヒューストンの平均価格が$400,000を超え、2021年の5月以降中央値価格も$300.000を超えています。
今年の4月から6月までは、CLOSE TO ORIGINAL LIST PRICE RATIO(リスト価格とクロージング価格の比較)が100%を超えていました。これはリスト価格以上のオファーをバイヤー側が提示していた事を示しています。このCLOSE TO ORIGINAL LIST PRICE RATIOは二か月連続で100%を切っています。これはリスト価格以上のオファーを出しているバイヤーがあまりいない事(ほとんどのバイヤーがリスト価格もしくはリスト価格以下のオファーを出している)事を示しています。)
8月はバイヤーたちは、高騰する家の価格と上昇し続ける金利の影響、インベントリー(売りに出ている物件)が少ない事などの用意もあり、購入を一旦保留している傾向にあります。
インベントリ―期間(こちらは6か月がバランスの取れたマーケット、6か月以下はSELLER側に有利なマーケット、6か月以上はBUYER側に有利なマーケットと言われています)は、2.5か月で、この数字は2020年の8月の2.6か月依頼の高い数字になりました。全米のインベントリーは3.3か月とNAR(NATIONAL ASSOCIATION OF REALTOR)が発表しています。
(つまり、今もまだSELLER側に有利なマーケットではあります)

<戸建てのアップデート>
DAYS OF MARKET(マーケットに出てから、オファーを受けて契約が成立するまでの期間)は、27日から31日と延びています。インベントリーは2.5か月(去年の8月は1.7か月)
8月の価格帯に分けた売り上げ数は以下の通りです。
  • $1 - $99,999: decreased 28.1 percent
  • $100,000 - $149,999: decreased 24.4 percent
  • $150,000 - $249,999: decreased 43.6 percent
  • $250,000 - $499,999: decreased 10.6 percent
  • $500,000 - $999,999: increased 10.0 percent
  • $1M and above: decreased 13.5 percent
<タウンホーム、コンドミニアム>
タウンホームとコンドミニアムは、3か月連続で売り上げ数が減少し、昨年の8月の804戸の売り上げに対して、今年の8月は684戸の売り上げとなっています(14.9%の減少)平均価格は7.5%上昇の$254383、中央値価格は8.1%上昇の$217000です。両方の数字は2022年の4月の記録的な数字より低くなっています。


by houstonrealtor | 2022-09-15 03:59 | ヒューストン不動産

ヒューストン日本人不動産エージェントです。テキサス州ヒューストンの不動産の売買、賃貸する人への少しでも助けになればと思い開設しました。


by houstonrealtor