はじめに   

2018年 12月 31日

ヒューストンで家を買おう!ブログへようこそ

米国テキサス州にあるヒューストン(アメリカでは4番目に大きい都市とされています)にお引越ししてくる予定の方、テキサスに興味がある方などの少しでも参考になれたらいいなぁと、
このサイトを開設しました。

今現在はANNOURA REALTY GROUP LLCという不動産会社に所属し、不動産エージェント(リアルター)としてヒューストンの皆様の家の売買や、賃貸、アパート探しなどのお手伝い、投資目的の家の売買を日本人の方をはじめ世界各国の方に提供しております。
私自身のウエブサイトはこちらです。 

ただし、このブログはビジネス目的ではじめたわけではありません。
私自身がリアルターになる前に、初めて自分の家を購入した際に、まったく家の買い方が分からないまま、自分のリアルターがいても、サポートもないまま、購入してしまったという経験から、少しでも家の買い方の基本が分かっていれば、あんな不安はなかったのに...という思いがあったらからです。
また、実際に家の売買をご案内させて頂いた際に、いくらメールや電話や直接会って説明しても、この複雑で困難な売買の手順をすんなり理解していただくことは難しい事が分かり、元々は自身のクライアントの為に、いつでもブログに戻って手順などを理解できるように作成しました。

ところが、そのブログを一般公開していたので、このブログから州外からヒューストンに移って来る方、家の購入を考えていた方などのお問合せがあり、
私のブログが役に立つかは分かりませんが、少しでも購入の手順などが理解できて、安心して家の購入やヒューストンの暮らしを始める手助けになれたらなぁと思って、
続けています。

かなり長い”はじめに”の文章になってしまいますが、私がなぜ不動産エージェントになったかの経歴を次の記事でお読みいただければ幸いです。


***テキサス州の規則で、不動産に関してのお問合せをされる場合にはこのリンクのIABSフォームという用紙をお渡しして、不動産の仕組みを理解していただく必要があります。こちらに不動産の仕組みは英語で説明されていますが、詳しい内容は各不動産会社にお問合せください***



[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-12-31 01:20 | はじめに | Trackback | Comments(0)

家を買うべきか?借りるべきか?の判断   

2018年 11月 18日

良く話題に出るのが、家を買うべきか?借り続けるべきか?という事です。
アメリカでは、マイホームを購入することが、アメリカンドリームの一つとされてきましたが、最近若者たちの間では、別にマイホームは必要でないという傾向があるようです。
家を購入するという事は、それぞれ利点や難点があり(賃貸も同様ですが)それらを比較して、どちらが自分たちの生活に適しているか?そして心地よく生活ができるか?など検討の上、判断すべき事なので、一概に、家を購入したほうが得ですよとは言い切れないのが正直なところです。

今回は家の購入の利点と難点、賃貸の利点と難点を少しお話ししてみようと思います。

まず、家の購入の利点から…
①アメリカンドリームの実現。
②自分の家なので、何より愛着がわきます。(決してパーフェクトにはならないと思います。修理やら問題は出てきますから資金も出ますし、面倒な事もあります。ただ、これが自分の家だと思うと手をかければかけた分、愛着がわくものです)
③自分の自由にリフォームやペンキ塗りなどができる(賃貸であればペンキ塗りや、リモデルなどは基本できません。全て大家の許可などを得る必要があり、自由はききません)
④ペットを自由に飼える(賃貸であれば、大家に許可の上、ペットフィー(ペット敷金やペット家賃などを支払う必要があり)や、ペット不可の家もあります。(註)コンドミニアムなどのマンションを購入の場合は、コンドミニアムで飼えるペットの種類や数が決まっている事があります)
⑤自分の資産の一部になる(長年住んでいる家を家族に受け渡す事もできますし、長年住んでいれば、基本は不動産価格は上がっていく傾向にはあります(註)不動産マーケットは上がり下がりがありますので、購入時に一番高値で購入したなどであれば不動産価格が上がるまでには時間がかかります)
⑥固定資産税や、ローンの利息などは、インカムタックスの税金申告の際に控除対象になる
⑦賃貸と異なり、比較的近所の人も長く住むので、地域の交流が広がる
⑧賃貸のように、翌年から家賃が値上がりする、退去を申し立てられるような心配はない(註)ただし、固定資産税などをローンの支払いの中にエスクロー(預り金)として支払っている方は、固定資産税が上がれば、毎月のローン額は上がります。

そして家の購入の難点?から
①修理などは全て自己負担(大家などがいませんので、どんな修理も購入後は自己負担で、自分で対応する必要があります)
②地域が嫌だと言ってすぐに家を売って引っ越しをすることは大変困難
③不動産投資にならない(マイホームの購入は必ずしも不動産投資として儲かるわけではありません。購入して数年以内に売却する場合などは、殆どの場合、ローン残高や不動産会社への仲介料など売る際の費用を差し引くと、殆どのケースが損はないが得はない、もしくは損をするケースが多いです)
④不動産の価値があがれば、固定資産税も高くなる(テキサスは州税がない分、固定資産税の税率が高めです。ヒューストン内では2.6%の評価格、郊外では3-3.5%の評価格などが一例です)
⑤レンターズ保険(借家人保険)と異なり、家の保険は高めである(一概には言えませんが、年間$1200-2000以上かかるケースもあります)
⑥家の被害にあってしまった時、直ぐに家を退去して次に移る事はできません(賃貸であれば、家が天災などの被害にあって住むことが難しくなれば、大家の許可の元、退去ができますが、家の持ち主であれば、その被災した家の後処理などの問題も抱える事になります)
⑦購入にはある程度の資金が必要(ローンの頭金は最低でも家の購入価格の5%は必要(註)頭金の額は住宅ローンの審査によって異なります。)


次に、借家としての利点から
①修理など基本大家側にゆだねればよい(契約によっては大家が修理しないもの、大家から修理の免責額を請求されるケースもあります)
②気に入らなければ、契約が終われば引っ越しができる(その家に縛られる事はない)
③固定資産税などの税金を心配する事がない。(ただし、固定資産税が上がれば、大家は家賃を上げる傾向にはあります)
④家を持たなくても、戸建ての賃貸をすれば、マイホームの雰囲気を味わう事ができる。
⑤保険などはレンターズ保険(借家人保険)などで済むので、出費は押さえられる。
⑥大額の頭金などがなくても、住める(敷金は基本一か月分のお家賃代で可能)

借家としての難点は、
①すべて大家にゆだねる必要がある(修理依頼から全て)
②大家の人柄や対応にも左右される。(大家がどんな人かは契約が始まってみないと分からない)
③家の中のリモデルやペンキ塗りなどはできない(大家の許可が必要。リモデルなどは基本許可されません)
④ペットなどの規制
⑤毎月の支払いをしても、全く自分に得はない(持ち家の場合は、毎月の支払いはローンの返済になるので、着々と確実に自分への投資にはなりますが、家賃の場合は、どれだけ長く支払っても、自分への投資にはならないため)
⑥アパートなどであれば、プライバシーや音などの問題が生じるケースがある。

これらを述べたうえで、私の個人的な意見ですが、家を購入をお勧めできるのは、以下の点を満たす方であると思います。
①ある程度の資金が貯まっている事(頭金5-10%、修理などが必要になった場合の資金)
②長く住む予定がある事(長期住む場合は、基本は不動産は緩やかでも、インフレーションに伴い価格は上がっていく傾向にはあります(必ずしもすべてそうなるとは言えませんが)
③上記に述べた難点を受け入れても、マイホームが欲しいと思える方
④家をリフォームなどすることが好きな方

引っ越しが好きな人や、家の修理やメインテナンスなどを行うのが嫌いな方、頭金などの資金がない方、家のリフォームなど全く興味がない方などは家を賃貸した方が気楽で良いかもしれません。若者の間で賃貸をする方が増えているのはそのような傾向があるからからもしれません。

最後に、自分たちの資金や購入したい価格帯などを入力するだけで、家を購入したほうが良いか、賃貸の方が良いか判断できるシステムがFIDELITYのサイトにありますので、宜しければ試してみてください。(特に名前や個人情報を登録する必要はありません)また、FIDELITYのサイトでは家の購入か賃貸か?の記事も掲載されています。英語ですが、ご覧ください。
また、REALTOR.COMではZIPコードを入れると、そのエリアの家の平均購入価格と賃貸価格などが出てきて、こちらでも購入か?賃貸か?を比較する事ができます。

これらはあくまでも私個人の意見ですので、家の購入か賃貸かを検討される方は、それぞれの利点や難点などを考えながら、自分に良い方法を見つけられたら良いなと思っています。

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-11-18 03:46 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン11/16-18の週末のイベントを掲載しています   

2018年 11月 16日

別ブログに、ヒューストンの今週末のイベントを掲載しています。宜しければご覧ください。
[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-11-16 01:24 | ヒューストン観光情報 | Trackback | Comments(0)

今年も最大のバーゲンセール、ブラックフライデーイベントが感謝祭後全国で行われます   

2018年 11月 16日

来週の木曜日は、もう感謝祭の祝日です。アメリカではクリスマスに次ぐ二番目に大きなイベントです。この日はクリスマス同様に家族が集まり、感謝祭の伝統料理などを食べながら、家族とくつろぐ(たいていはその日の昼間に行われるアメフトなどの試合をみたりする)ような日になっています。この日はスーパー以外はデパートや店などもお休みであったのですが、ここ数年は、BLACK FRIDAYという最大のバーゲンセールの勢いが増してきて、感謝祭の夕方から店が開いて、夜中中買い物をするというのが恒例になっています。 
そもそもBLACK FRIDAYというのは、業者などにとって、この日は皆黒字になるほど買い物をするために、BLACK FRIDAYという名前が付けられたそうです。
この日の購買客層を狙って、電化製品の店や小売業者などは目玉商品などを用意しているため、何日も前からテントを張って待つ人まで出てきて、とても家族で楽しむ感謝祭など味わっているような雰囲気ではありませんし、開店と同時にその目玉商品を狙うために殺到した人たちが店に一斉に入り込み、死傷者が出たり、目玉商品の取り合いで死傷したり、銃の事件が起きたりして、だいの大人がみっともないと思いながら、人間の欲望を垣間見るひと時です。このような電化製品などを狙う方は、WALMARTなどはオンラインでも販売をするようなので、ネットで探してみるのも良いかと思います。因みに、感謝祭後の月曜日26日はサイバーマンデーといって、オンラインショップで、目玉商品を販売する日となっていて、最近は人込みや列に長い間待つような事を避けるため、ネットショップの方が勢いが増しているようです。

BLACK FRIDAYの目玉商品などの情報はこちらから。
尚、アウトレットなども感謝祭当日の午後6時から開店予定です。開店前から列に並んでいるようで、人気店などは1時間から2時間ほど待たないといけないのですが、ブランド製品が通常割引より更に20-30%安くなったりするので、同じように人が殺到します。ただし、WALMARTのように一斉に店をあけて人が雪崩れ込むような事はしておらず、列に並んである程度の人数しか店に入れてくれませんし、警察やセキュリティーの方などを雇って警戒しているようです。アウトレットに行く方は、明け方まで買い物覚悟で挑んでください。また、駐車場が見つからない可能性もあるので、早めに行き、駐車場の確保をすること、食べるもの飲み物などは用意したほうが良いというのが過去の経験です(フードコートなどもありますが、大変混み、時間のロスになります)

また、ホリデーシーズンは車の車上荒らしなどの犯罪が多発します。車の中には買い物したものや私物は絶対に置かないでください。買い物のビニール袋でも、犯罪者は何か価値があるものとみなして車上荒らしをすることもあります。買い物をしたものはトランクに入れて、貴重品は絶対に車の中に残さないようにしてください。ほんの数分だけ離れても、車上荒らしや盗難に遭っている方がいますので、十分ご注意を。 ホリデーシーズンは各店舗でも警察やセキュリティーの見回りなどを強化していますが、各自も心得て自分ができる事から行っていれば、被害にあう確率というのは最小限に抑えられると思います。
安全に楽しいホリデーショッピングと、ホリデーを過ごしてください。

ヒューストンのアウトレット
Houston Premium Outlet
29300 Hempstead Rd, Cypress, TX 77433
(上のサイトの右上にVIPCLUBというのがありますが、ここに無料登録をするとVIP会員になれます。そうするとカスタマーサービスで通常$5するクーポンブックレットが無料でもらえますし、オンライン上でもVIPだけ得られるクーポンが得られます)

Katy Mills
5000 Katy Mills Cir, Katy, TX 77494

Tanger Outlet
5885 Gulf Fwy, Texas City, TX 77591

ヒューストン外のアウトレット(ヒューストンから車で約二時間のテキサス最大級のアウトレットです。ブランド店も含め350店以上出店しています。ヒューストンのアウトレットにはない店(GUCCIやPRADAなど)もあります)
San Marcos Premium outlet
3939 I-35, San Marcos, TX 78666




[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-11-16 01:21 | ヒューストン買い物情報 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン不動産協会より10月の不動産販売レポートが発表されました   

2018年 11月 15日

ヒューストン不動産協会HOUSTON ASSOCIATION OF REALTOR(HAR) から10月の不動産売買、賃貸のレポートが発表されました。
概要は以下の通りです。詳細は、このサイトからご覧ください。

昨年のハリケーンHARVEYの影響が続き、9月は売り上げが落ち込みましたが、10月は販売数、販売価格と共に通常に戻ったという結果になっています。
HARのレポートによれば、10月には6716の戸建てが売却され(一昨年は6417)これは4.7%の販売上昇になり、戸建て価格は、昨年と比較して5.3%の値上げとなっています。INVENTORY(今販売に出ている物件が全て売り切るまでの期間を示します。これが5か月以下であれば売り側に有利なマーケット、5か月以上であれば買い手に有利なマーケットとされています)は3.9か月(昨年は3.7か月)となっています。
戸建てのメディアン価格(中央値=売られている価格帯を見て一番中央の数値、平均価格とは異なります)は3.6%上昇した$234,653で、平均価格は3.5%上昇した$294,500となっています。これは10月の数字では記録に残る高い数字になります。戸建て価格$150,000以下の物件を除いてすべての価格帯の物件は、上昇しています。
一番強い販売結果を出したのが、ラグジュアリーマーケット($750,000以上の価格帯を示す)で、昨年の10月と比較して12%の上昇となっています。
全ての不動産の販売数(コンドミニアム、土地なども含め)は8127と昨年の10月と比べて6%の上昇、総合売り上げ金額は2.3ビリオンドルになります。

賃貸に関しては、戸建ての賃貸が7.3%上昇しましたが、コンドミニアムやタウンホームタイプは6.8%減少しました。平均の戸建ての賃貸価格は、$1754と一昨年に比べて1.1%減少し、タウンホームやコンドミニアムは平均価格が$1550と1.2%一昨年の10月に比べて減少しています。

全米のIVENTORY期間を比較すると、全米では4.4か月という数字が出ていますので、ヒューストンのINVENTORY数は3.9か月という事です。


以上が、HARからのレポートの概要になります。

ヒューストンのINVENTORY期間を見ても、全米の平均INVENTORY4.4か月と比較してINVENTORY期間は3.9か月と不動産販売マーケットとしては、まだ売り手に余裕がある数字を出していますが、全米の数字と共にINVENTORY期間は少しずつ上昇はしているようです。このINVENTORY期間というのは、一概に不動産のマーケットが良い悪いと言い切れない事がありますのでご注意ください。INVENTORYというのは、前述に挙げたように今マーケットに出ている物件が売り切れるまでの期間という事なので、マーケットに出る物件が極度に少ない場合は、同じ物件に複数の買い手が集中する事もあり、買い手の方が多くなることもあり、INVENTORY期間は減少する傾向にあります。逆に売り手が極度に多くなるが買い手の数が増えない場合は、買い手側には選択する余地はあるので、INVENTORY期間は増える傾向にあります。このINVENTORY期間が極度に短い場合は、価格の異常な吊り上げなどが出てきたりして、不動産バブルに繋がり、バブルがはじけた後の急激な価格下落などにもつながるので、一概にINVENTORY期間が短ければよいと言い切れないのも、正直なところです。

個人的な意見としては、家を住宅ローンなどで購入する予定の方は、まだ住宅ローンの利息は低めです(ZILLOWによれば4.73%)ので、まだ買う価値はあるかもしれません。今後またFBR(Federal Reserve Bank=連邦中央銀行)のレートが再び上がれば、それにともない利息は上がりますので、利息が上がれば、同じ価格帯もしくは少し下がった価格帯で家を購入しても、毎月のローン額は上がる傾向にあります。物件もある程度どのエリアでも販売には出ているので、急激な価格交渉はできないしても、多少なりとも交渉に応じる売り手も多く出てきているため、まだ買い時であるかとは思います。購入なども検討される方は、ご自身が購入する方が良いか、賃貸の方が良いかじっくり検討をする事も大切かと思います。(家の売買を決心する前に考える事に関しては、私のウエブサイトに少し情報を掲載しています)賃貸か?購入か?に関しての記事は後日掲載しますので、宜しければご覧ください。



[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-11-15 02:48 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)