人気ブログランキング |

カテゴリ:ヒューストン不動産( 60 )

ヒューストンのアパートの家賃の高いエリアベスト10

私の別ブログ(ヒューストンのローカル情報、買い物、イベント情報、たまに不動産情報を不定期に掲載)に、ヒューストンのアパートの家賃の高いベスト10の
記事を載せています。ご興味がある方はこちらからどうぞ。

by houstonrealtor | 2015-12-01 00:38 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストンがアメリカの資産を築くのに適してる都市の一位に輝きました!

私の別ブログ(ヒューストンローカル情報及び不動産情報を不定期にアップデートしています)に記事をアップしています。
こちらをご覧ください。

by houstonrealtor | 2015-11-04 23:55 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストンのどこに住む?2015年ヒューストンベストエリアの発表

ヒューストンのローカル雑誌HOUSTONIAが今年の3月に発表した、ヒューストンのベストエリアに関してご案内します。
このHOUSTONIAは、ヒューストンのイベントから、新しいレストランなど、ローカル情報が満載で、少しオシャレに作ってある雑誌です。
私も購読しています。英語ですが、詳しくはこちら を。

ヒューストンは、とても広いので、ひとえにここ!と決めることはできませんが、各自の生活のスタイル、家族構成、勤務先などによって住む場所が変わってくると思います。
ヒューストン歴20年を超えた私がいつもお勧めするのは、

第一にお子様がいれば学区です。
日本と異なり、アメリカでは公立の学校はランクの差がありますので、まずはお子様の学区を考える事がポイントです。
学区に関しては、www.greatschools.orghttp://www.har.com/schoolなどのサイトで詳細を調べることができます。
また日本語の補習校で出している現地校情報なども学校を決める参考になるかもしれません。

第二は通勤までの距離。
最近は、人口がかなりの勢いで増えているため、交通渋滞が半端ではないので、勤務先までの通勤距離は大きなポイントになります。
車通勤ですので、そのノロノロ渋滞運転に、どれだけ耐えられるか?が大きなポイントとなります。

例えば、メモリアルエリア(日本語の補習校などがあるエリア)に住みたいと思っていても、ご勤務先がNASA方面(クリアレーク)であれば
通勤まで普通に運転して45分から1時間かかりますので、渋滞にはまれば二時間を超える可能性があり、現実的ではありません。
でも、NASA方面であればクリアレークにも評判の良い学区がそろっていますので、そちらを中心に探す方が理想的。
同じように、KATYエリア(ヒューストンの西、今一番人口が増加している市の一つ)に住みたいと思っていても、例えばご勤務先がブッシュエアポートの北の方であれば、同じく通勤に二時間ほどかかってしまう可能性があり、それであれば、同じくブッシュエアポートから左程遠くないCYPRESSエリア、もしくはWOODLANDSなどのエリアを中心に選ぶ(同じく学区が良いところが多いです)という事が理想的です。
また、テキサスメディカルセンターに通勤される方であれば、同じくメディカルセンター付近で良い学区を絞って探すというのが理想でしょう。

ヒューストンは、何でも大きいテキサス州の中にある都市ですから、予想以上に広い都市です。
全くヒューストンを知らない、来た事がない方であれば、想像もつかないと思うのですが、ヒューストンと一般的に呼ばれるエリア(KATYやWOODLANDS,SUGARLANDなどの市も含め)は距離がかなりあります。例えばNASA(クリアレークエリア)から、WOODLANDSまで行くとすれば有料道路を使っても、90キロほど距離があります。 従って一概に、ヒューストン!といっても、かなり広さがあるという事を念頭に入れて、ぜひエリア探しは、ヒューストンの土地をよく知っている方(不動産エージェントや、同僚など)にお尋ねください。

尚、ヒューストンは、主要エリアが広く散らばっていて、そのエリア、エリアでコミュニティーが発展されているので、
ダウンタウンに行かないと、ギャラリアエリアに行かないと生活ができないなどという事はありません。
そのコミュニティー内で、必要最低限の生活は足りてしまいます。(各エリアにデパートやスーパー、レストラン、コミュニティー施設なども揃っています)

ヒューストンに一度も来たことのない方は、ヒューストンがNASAと、砂漠地帯で、皆がカーボーイハットをかぶって生活している(たまに見かけますが)と想像されているかもしれませんが、意外と最近はオシャレな都会化されています。ぜひ一度遊びにきてください。

私の別ブログでは、さらにローカルな情報やヒューストンの不動産情報を不定期にアップデートしています。
よろしければ、こちらをご覧ください。

by houstonrealtor | 2015-10-21 01:46 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

2015年9月のヒューストンの不動産マーケットレポートが発表されました

HAR.COM(Houston Association of REALTORS ) より2015年9月のヒューストンの不動産マーケットのレポートが発表されました。
私の別ブログに記載していますので、ご覧ください。こちらです。

尚、ブログも含め、ヒューストンでの家の売買、賃貸に関してのウエブサイトも作っております。
ご興味がある方はご覧ください。

by houstonrealtor | 2015-10-15 06:30 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

別ブログに8月のヒューストンの売り上げ状況をアップしました。

別ブログにHAR.COMから発表された8月のヒューストンの不動産売り上げに関しての報告の記事を載せました。
こちらをご覧ください。

ヒューストンは、まだまだ他州や他国から移動してくる人、移住してくる人が多いのが現状です。
今後の不動産の動きに注目したいところです。
by houstonrealtor | 2015-09-12 10:52 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン2015年の不動産状況-5月

ヒューストンの2015年の不動産状況ですが、5月時点でのマーケット情報がHAR.COMから発表されました。
4月は去年の4月を上回る家の販売と販売価格を記録しましたが、5月は去年の5月と比べると4.3%低くなっている状況になっています。またINVENTORY期間(今マーケットに出ている物件全てが売り切れるまでの期間を予想するもの。この率が5%より高くなればBUYER側に有利なBUYER MARKET、5%より低くなればSELLER側に有利なSELLER MARKETと言われています)は、2.8%から3.1%に増えていますが、全国の平均5.3%と比較すると、まだまだ不動産状況は好調ですし、3.1%という数字はまだSELLER側にとって有利なマーケットという事になります。

詳しい情報はこちらをご参照ください。
by houstonrealtor | 2015-06-17 00:27 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

2014年のヒューストンの不動産状況

2013年に引き続き、2014年の不動産状況も、ヒューストンは順調です。
HAR(Houston Association of Realtor)
のサイトでも12月いっぱいの不動産の状況をビデオで説明していますので、ご覧ください。

通常ですと、家の売買が進むと、家の賃貸が減る傾向にあるのですが、去年から家の売買と賃貸が両方とも良い状況です。

家を購入する予定の方で、住宅ローンを組む予定の方は、リアルターを見つけて家探しを始める前に、まずは住宅ローン会社を探し、ローンの仮許可(PRE-APPROVAL)を受け取って下さい。通常は3か月有効ですので、その仮許可を得てからリアルター探し、家探しを始める事をお勧めします。
2013年に引き続き、家のマーケット期間もエリアによっては(特に学区が評判が良いところなど)かなり早い期間でオファーを受けていたり、マルチオファー(複数のオファー)を受けているケースがございます。 実際の家探しを始める前に、HARのサイトなどで、あらかじめ好みのエリアや学区などを下調べして、的を絞ることは大切です。 

別の記事にも書きましたが、自分たちが何を求めているのか、その希望を一から十まで出してみて、譲れるところ、絶対に譲れないところなどを絞っていき、家探しを始めたときに、その条件にあったものがあればすぐに行動に出せるように準備をしておくことも大切です。
by houstonrealtor | 2014-12-10 13:06 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

2014年8月のヒューストン不動産マーケット情報

毎月HAR(HOUSTON ASSOCIATION OF REALTOR)という不動産協会で出しているマーケット情報が出されます。そちらによると8月も依然としてヒューストンは強い不動産販売の記録を残しているとの事です。

詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

YOUTUBEなどでご覧になりたい場合は、こちらから

完全な要約ではないのですが、ごくごくシンプルに要約するとこんな感じです。

「一軒家の売り上げは7505件、2013年の8月と比較すると1.1%上昇している。HOUSING INVENTORY(今マーケットに出ている物件が全て売れるにはどれくらいかかるかの在庫比率)は、先月7月は3ヵ月であったのが、8月は3.3か月と上昇しているが、全米の平均5.5か月に比べるとかなり低い数字となっている。
一軒家の平均価格は去年と比べて$275,369と6.4%上昇している。
“ヒューストンの不動産状況は、夏から秋にかけて依然と強い状態で、先月はマーケットに出てくる物件も多く出ており、ヒューストン不動産マーケットの安定を見せている”とHARチェアのCHAAILLE RALPH(HERITAGE TEXAS PROPERTIES”は言っている。“ヒューストンの不動産や経済に滑車をかけているのは、ヒューストンの仕事が増え続けている事が一つの要因でしょう。ヒューストンは、全国から多くの方が仕事を求めてやってくるにふさわしい年ともいえます。
2014年9月ECONOMY AT GLANCEレポートによれば、ヒューストンエリアでは112,200の仕事が2014年7月までの一年間に作られており、年間にすると4%増加しているとの事。これはダラス(3.9%)やマイアミ(3.3%)を抜き、ヒューストンが仕事の増加の筆頭に立つ数字となっている。」

ヒューストンは石油ガスのビジネスが依然として強く、まだ多くのオフィスビルの建設や、それに伴うアパートや住居の建設などが様々な場所で行われています。 また仕事を求めてアメリカ各地から移動してくる方、企業の拡大で世界各国から駐在としてやってくる方など、人口の増加は目に見えてわかるほどの勢いを見せています。 
by houstonrealtor | 2014-10-23 08:41 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

Zillow やTruliaで不動産物件を探すのは?

よくZILLOWやTRULIAという不動産のサイトで物件を探すのと、HAR.COMで物件を探すのとどう違うのか、という質問を頂きます。

ヒューストンの不動産協会(HAR)に登録しているリアルターは、物件を売りに出すときに、このHAR.COMに登録します。そして、数日後、HAR.COMから流れる情報をZILLOWやTRULIAなどの不動産サーチウエブサイトが取り入れますので、タイムリーな情報から外れているケースもあるようです。 時には去年一昨年に売られた物件が残っていることもあるようですので、今現在のようなマーケットの動きが早い状況であれば、やはりHAR.COMから検索をしておくことをお勧めします。

リアルターを見つけて、契約のサインをしたら(BUYER REP AGREEMENT)そのリアルターの方が、お客様の条件を彼らのシステムにセットアップしてくれ、毎日明け方にHAR.COMのシステムがアップデートされる際に、条件にあった物件をお客様のEメールに送信するようにしてくれると思います。 そのように、トラッキングしていくと、すぐに希望の物件がわかりますので、お勧めです。
by houstonrealtor | 2014-10-10 13:18 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

最初にお読みください~2013年のマーケットの動きに関して

<2013年のマーケットに関して>

リーマンショックやサブプライムの影響で、全国的に低迷しいた不動産マーケットですが、今年に入り急激なセラーズマーケット(売り側に有利)に変わってきています。
このサイトを作った時(2012年4月)には、少しずつマーケットは上向きに変わってきていたものの、まだバイヤー側に有利なエリアも多く、値段の交渉などは当たり前、とりあえず一通り物件を数回に分けて見に行き、その後でオファーを決めても余裕がありました。 
ただ今は特に3月に入り、マーケット価格の高騰と、ヒューストンのビジネスブーム(オイルやエネルギー業界の会社などがヒューストンに進出している)関係で他州からの移動者も多く人口が増えていることなども関わり、更にマーケットに出ている物件が、需要より足りないという事も関連し、ヒューストンでの家の買取はかなりの競争率を要するようになっています。
これは、去年とは大きな違いです。

今現在では、人気のあるエリア(学校が評判よい、コミュニティーが評判良いなど)マーケットに出てすぐにオファーが入り、売買の契約が決まってしまうなどというケースも多く、そのような物件では、複数の買い手からのオファーがあるため、オファー価格もリスト(提示価格)では決まらないケースが相次いでいます。

従って、家を買う準備をされている方は、PRE-APPROVALを銀行からもらい、ローンを借りる銀行を既に定めてアプリケーションなど必要な手続きはローン会社で済ませて、いつでもローン手続きができる準備に入っている事は大切ですし、自分の予算ギリギリの物件を探しても、恐らくリスト価格では購入できないので、予算より低めの物件から探し始める事をお勧めします。 複数のオファーが出た時に、予算まで値段を吊り上げてその物件を獲得するようにしなければ、物件が押さえられなくなっているケースも出てきています。

このような2013年の状況下を念頭に置いて、私が過去に書いた文章は2012年に書かれたものである事をご了承の上、お読みください。
尚、家の売買の仕方などの一般的な流れは変わっていません。

***追記****
この記事は2013年の5月に記事にしました。 今現在2013年9月は、3月から5月ごろまで、売りに出る家が少ない(需要)割りに購入者が多かった(共有)の関係で、かなりの速さで家が売られました。今はほんの少しだけ落ち着いていますが、依然と人気のあるエリアなどは早く契約がされているようです。
詳細は、ご自身のリアルターにご希望の地域のマーケット情報などをお尋ねください。
by houstonrealtor | 2013-12-03 14:19 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン日本人不動産エージェントです。テキサス州ヒューストンの不動産の売買、賃貸する人への少しでも助けになればと思い開設しました。


by houstonrealtor
プロフィールを見る
更新通知を受け取る