ヒューストン1/4-1/6までのイベントを掲載しています   

2019年 01月 05日

あけましておめでとうございます。
本年もこのブログをご覧いただけると嬉しいです。

さて、別ブログにはヒューストンのイベントなどヒューストンの生活に関する情報を掲載しています。
1/4-1/6までの週末のイベントを掲載しましたので、宜しければご覧ください。

それでは良い週末をお過ごしください!

よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2019-01-05 05:04 | ヒューストン観光情報 | Trackback | Comments(0)

家を買いたいな、さて何からはじめたらよい?   

2018年 12月 22日

家を買いたいなぁと思いながら、何から始めてよいのか分からないという方が多くいらっしゃると思います。幾つか何からはじめたら良いかのポイントをご紹介させて頂きます。

①予算…自分がどれくらいの金額を毎月払えるか?どの価格帯の家なら購入できるか?
まず家を買いたいなぁと漠然に思っても、幾らの価格帯の家の住宅ローンが借りれるのか?など漠然な疑問が出てくると思います。その場合は、まず住宅ローンの業者に問い合わせをして、PRE-APPROVAL(仮許可)というものを貰ってください。クレジットヒストリーなどは検索しませんが、年収やクレジットスコア(こちらはCREDIT KARMAなどのサイトで無料で自分で引き出せます)などから大体どれくらいの価格帯の物件を購入できるでしょうというアドバイスを貰えると思います。
尚、住宅ローン会社などをどこに問い合わせしていいか分からない場合は、お気軽に私までお問合せください。(勿論、その住宅ローン会社でローンを組む義務も、私を介して不動産を購入する義務なども一切ございません。)

住宅ローン会社からローン額と、だいたいの毎月のローン額なども教えてもらえます。同時にクロージング(家の売買の際)に幾らほど現金を持参すべきか?という数字も教えてくれますので、概算のイメージがつきます。家の購入は、家のローンの他に、家の保険や固定資産税などもかかってきますので、その支払い分も頭に入れる必要がありますので、住宅ローン会社が許可した額いっぱいに家を買うというのは少々リスクがあるかもしれません。ご自身が毎月支払える価格帯を、購入前に考えてみてください。(住宅ローン会社に、毎月これくらいの額ならば問題なく出せるという額を伝える事で、幾らの家が買えるというシュミレーションもしてくれます)または、このサイトのように自分でシュミレーションをすることも可能です。

②エリア
どのエリアで家を購入するか?というのは大きなポイントになります。不動産エージェントに家の内見をお願いするまでに、決める必要はありませんが、ターゲットを決めておくと、より早く自分の探している家が見つけられます。 エリアがまだ分からないという場合は、幾つかのポイントに絞ってみると良いかと思います。
また、気に入ったエリアがあれば、そのエリアを朝昼夜、週末など異なった時間帯で運転してみる。それだけでも、エリアの様子や住民の様子、渋滞のようすなども分かります。
a) 勤務地までどれくらいの距離か(勤務地に近い方が良いか?勤務地まで毎日どれくらいの時間なら通えるか)
b) 学区(お子様などがいれば、学区は重要です)
c) 都心部が良いか?郊外が良いか?

③ダウンペイメントを貯める
今は、ダウンペイメントが0%や5%など低い価格で住宅ローンを組むこともできますが、その場合は、PMIというモ―ゲッジ保険を別途購入する必要があります。その保険料はローン額の0.5-1%にあたるものなどで長い目で見ると高額になります。このPMIを入れない場合は、20%のダウンペイメントを支払う必要があります。(ローン残高が家のローンの20%に達した場合は、PMIをキャンセルする事が出来ますが、自己申請なので、黙っていて勝手に取られるものではないので注意です。その時期が来たら、ご自身のローン会社にその時点でPMIを外すには幾ら余分に払ったら良いか?PMIを外せるかなど問い合わせしてみることをお勧めします)
もし、20%のダウンペイメントを支払う預金がない場合は、5%などのダウンペイメントでPMIを付けても良いと思います。その代わり、毎月の支払のPRINCIPAL(ローン額から利息を引いたローンの残高)を例えば$100ほど余分に払うだけで、ローン残高を減らす事ができます。これをAMORTIZATION SHCEDULEといいます。参考までにこのサイト に情報を入れてSHCEDULEを押すと毎月の支払と、幾らが利息に充てられて残高が残るかが分かります。このサイトを見てもわかる通り、最初の5年ほどは利息ばかりを支払ってローン残高が減らないのが分かると思います。

④どのような家を求めているかを考える
家族がいる場合、それぞれが理想とする家のイメージが異なると思います。古い家を自分たちでリノベするのが理想か?リノベなどは面倒なので築浅物件が良いのか?
キッチンはオープンなものが良いのか?庭がどれくらい広いほうがよいか?など色々なイメージや理想があると思います。自分の理想にマッチした家を自分の価格帯とエリアで見つけるというのはほぼ無謀な技だとは思いますが、自分が絶対に譲れないものは何か?まず家の購入前に考えるのは効率よく家を購入する大切なポイントです。家族がいる場合は、皆で自分が求めているものベスト10などを書いてもらい、お互いに発表し合い、その中で絶対に皆で譲れないナンバー5を決めて準備を出してみる。単身の場合も、自分が求めているベスト10の中から、絶対に譲れない上位5位を決めてみる。そのようなシュミレーションやブレインストームをすることで、より自分が求めているものが分かってきます。

⑤オープンハウスに行ってみる
エリアが決まっていなくても、どんな家が良いか?などイメージが沸かなくても、オープンハウスなどに行ってみると、少しずつ自分がいいなと思っているものが分かってくると思います。オープンハウスは、誰でも入れますので気軽に家の見学ができます。

⑥住宅ローン会社を探す
住宅ローン会社に連絡をして、その利率などを調べると共に、その会社が提供している特別なプログラムなどがあるか(FIRST HOME BUYERのプログラムなどがあるか?ダウンペイメントアシスタントのプログラムなどがあるか?)など確認すると共に、その方が営業時間外でも緊急な時は対応してくれるか?携帯電話などを教えてくれるか?対応は丁寧か?親切か?なども含めて当たってみると良いと思います。家の購入は、実は住宅ローン会社がどれだけスムーズに手続きを進めてくれるか?にかかっているので、かなり重要なポイントです。

⑦家の維持にはどれだけの費用がかかるか?計算する
家のローン以外には、維持費(修理やメインテナンス)、光熱費、保険、ホームオーナーズ年会費(地域の組合費)固定資産税などの出費がかさみます。固定資産税などは毎年の家の評価格に併せて決められるため、評価格が上がれば税金は上がります。それも踏まえて、きちんと支払う力があるか?万が一大きな修理(エアコンの故障など)があった場合に支払い能力があるか?など自分たちの生活状況を見直して、計画する必要があります。

⑧なぜ家の購入をしたいか?を考える
家の賃貸は家賃をどぶに捨てるものだという方もいますが、人によっては賃貸の方が向いているケースもあると思います。賃貸の場合は、固定資産税などの税金を支払う必要はありませんし、修理もアパートや大家が行ってくれるところが殆どですから、楽です。難点といえば、大家側の規制に従う事、家賃は更新には値上がる可能性がある、自分の自由にリフォームができないなど難点もありますが、例えば家の修理などを自分で行うのが面倒な方、家のリフォームやリモデルなどに興味がない方、家を数年ごとに住み替えたい(引っ越し好き)の方などは、賃貸向きだと思います。逆に家を購入すると、修理やらいろいろと細々出費は出てきますが、自分の手塩をかけた子供の用に愛着がわいてくるのも確かですし、長く住む傾向にあるので、隣近所とも親しく成ったりする事が多いです。

最後に、アメリカでは家の購入は一生に一回という感覚ではありません。平均で7年に一度家を買い替えるという累計が出ており、アメリカでは生活パターンなどの変化により家を買い替える住み替える傾向にあります。 なので、家探しをするにも、これが最後の家と決めつけると、なかなか理想に巡り合えませんが、今後も買い替える事ができると考えると、ある程度的が絞れてくるのでは?と思います。




よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-12-22 07:44 | ヒューストン家の買い方 | Trackback | Comments(0)

12/21-23までのヒューストンのイベントをまとめてみました   

2018年 12月 19日

別ブログに、12/21-23までのヒューストンのイベントをまとめてみました。よろしかったらご覧ください。
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-12-19 23:56 | ヒューストン観光情報 | Trackback | Comments(0)

初めて家を買う人がおかす25のミス   

2018年 12月 19日

MOTLEY FOOLというアメリカのファイナンスや株などの情報が掲載されているサイトに興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

25 Mistake Made by First Time Home buyers
初めて家を買う方たちがおかす25のミス
(記事の本文は上のリンクをクリックしてください)

家の購入は大きな出費にもなりますが、やはりマイホームを持つというのはうれしいものです。賃貸でない、自分の家は、修理やら出費やらが出ても、自分の好きな色やデザインでリフォームできたり、愛着がわくものです。ただし、その前に色々準備と心構えは必要です。
この記事の項目から、私なりに重要なポイントだと思ったところをかいつまんで、そのアイテムの下に私個人の見解を追加してご案内させて頂きます。

1.自分の将来のプランが分かっていないのに家を買う
よく家の賃貸はお金を水に流すものだと言われ、その為家を購入するケースがありますが、将来の事を見据えて購入しないと、逆に家を持つことが負担になる可能性があります。アメリカは平均7年ごとに家を買い替えていると言われていますが、購入してから3年から5年くらいの将来の設計を考えて買う事が大切です。例えばお子様が生まれた場合、お子様を通わせる学校や環境などを考える、もしくはお子様が大学などで巣立つ場合は、大きな家にご夫婦のみで住む必要があるのか?などです。
勿論、計画外に、その間に仕事の転勤や家族構成が変わったりすることもあると思いますが、少なくとも3年から5年は住む事を考えて家探しを計画することが大切です。

2. 家を購入する家計の準備ができていないのに購入する
住宅ローンの利率が上がっている今日この頃ですが、今後も上がる可能性は大変高く、それで慌てて購入しようと思う方もいると思います。ただし、住宅ローンの許可が下りたとしても、家を持つという事はそれ以上の責任があり、マーフィーの法則ではないですが、購入後にポロポロ修理箇所が出てくるもので、予想外の修理や出費が出てきます。(エアコンが壊れる、屋根が壊れる、その他の修理など)そのような万が一の出費が必要な際に出せる預金はあるか?そのような資金も確認したうえで、購入を検討すると良いでしょう。

3.住宅ローンの仮許可がないのに家を探し始める
不動産エージェントを介して家を購入する場合、この住宅ローンの仮許可がないと、家を案内してくれないケースが殆どです。(不動産エージェントも、その顧客が本当に家を購入できる準備ができているのか?それとも、たんなる冷やかしなのか?を確認したいため)尚、住宅ローンの仮許可は、必要書類(確定申告書、W2 などの収入証明、銀行の残高など)を提出すればすぐに出してもらえるところが多いですし、無料で出してくれます。また、その住宅ローン会社でローンを組む義務はありません。もし、住宅ローン会社に仮許可などを得るにはまだ早すぎると思われる場合は、オープンハウスという週末などに家を一般開放しているところもあるので、そのようなところを各自で訪問しながらイメージを膨らませると良いかもしれません。

4. 住宅ローンの許可価格の家を探す
住宅ローンの許可の価格に沿って家を購入する必要はありません。2に述べたように、家の保持には出費も維持費もかかります。それを踏まえて、予算を考える必要があります。例えば維持費では、光熱費は勿論、ホームオーナーズアソシエーション代(地域の組合のようなもの)、固定資産税(こちらは通常住宅ローン会社が毎月のローンに含めて計算してくれます。エスクローと言います)家の保険(こちらもローンに追加して住宅ローン会社が計算してくれます)、万が一の際の修理代など。

5.住宅ローン会社を探し回らない
住宅ローン会社も沢山あり、利率以外にも、サービス内容なども異なります。利率が他社と比べて低い場合、ポイントなどを求められていないか?(ポイントというのは、利率を下げるために、クロージングの家の購入の際に予めローン会社に追加で支払う費用)など比較する必要もあります。尚、余談んですが、大手の銀行だからといって住宅ローンが良いという訳ではありません。こちらは別の記事でも説明をしていますので、ご参照ください。

6.自分のクレジットを確認しないで住宅ローンを申し込む
クレジットヒストリーやスコアで、例えばIDENTITY THEFT(身元情報盗難)の被害にあっていた場合やクレジットカードの支払いが少し延滞した場合など、スコアに影響します。その場合は、住宅ローンを申し込む前に、クレジットカード会社などに連絡をして、そのネガティブな情報を削除してもらう事が大切です。クレジットヒストリーやスコアは年に一度は無料で取得できるという法律がありますし、各クレジットカードや銀行でもクレジットスコアを毎月見れるようなシステムになってきています。
無料のサイトは、credit karma , free credit report などです。

7.低いダウンペイメントやゼロダウンペイメントで住宅ローンを組む
最近では最低5%のダウンペイメントで住宅ローンを組む事もできますし、ゼロダウンペイメントというプログラムも出てきました。購入時は出費が減るので良いのですが、その場合、コンベンショナルのローンの場合(一般の銀行などで出すローン)は、PMI(PRIVATE MORTGAGE INSURANCE)という保険を別途購入する必要が出てきます。こちらは家のローンが20%以下になれば取り外しができますが、その金額に達した場合には自らローン会社に申請しないと取り外してくれないので要注意です。通常この保険料は0.5-1%のローン額になりますので、それを避けるためには、最低20%のダウンペイメントを用意できるのが理想的です。ただし、最初のダウンペイメントを低くした場合も、毎月のローンでPRINCIPAL(ローン額の利息を除いたローン残高)に追加で支払いをすることができれば、毎月のローン額は通常よりも早めに支払いが進みます。毎月$100でも違いが出てきますので、そのような方法で、早めにPMIを取り除く事は可能です。(これらのローン関係は、住宅ローンのローンオフィサーなどに詳細を尋ねてください)

8.クロージングコストを理解していない
家の購入の際(クロージング)に持ってくる現金がいくらになるか?を理解しないで購入する。これは最も危険な事です。住宅ローンのダウンペイメントの他にも、ホームオーナーアソシエーション代や、家の保険(一年間先払い)そして固定資産税、住宅ローンの利息の先払い、クロージングをするタイトル会社の手数料などがかかってきます。 これらの支出も、住宅ローン会社などで仮許可などを依頼する場合に、概算で計算してくれますので(無料)お問合せをして予算を組むことをお勧めします。

9.ホームインスペクションをしない
これは、不動産エージェントを介して家を購入している場合は、必ずホームインスペクションは勧められますので、ないと思うのですが、このインスペクション代はBUYER購入者が出費するもので、金額は$450-500ほどかかります。その金額を出費したくないばかりに、インスペクションをしないで家を購入するというのは非常に危険です見た目以外にも、欠陥があるケースが多いので、インスペクションは必ず行って、その結果出てきた欠陥項目は不動産エージェントを介して、売主のエージェントと交渉をしていく必要があります。

10.家の購入前に大きな買い物をする
家の購入前には、大きな買い物(車のローン、家具をそろえる、家電をそろえる)などを控え、新しくクレジットカードを申し込むような事も避けてください。これらはすべてクレジットスコアに影響し、住宅ローン会社でも収入と支出の割合が上がるため、リスクをみなし、許可がされないケースが出てきます。
クレジットカードも、限度額いっぱいに使う事で、スコアが下がりますので、家の購入前は、常に限度額の50%以下(できれば20%-30%など)にとどめておいた方が良いかもしれません。

<おまけ>
11.間違った不動産エージェントを雇う
自らエージェントをしているので、ドキッとくる項目ですが、大切な項目ですので、おまけで追加させてもらいます。大手の有名エージェントを使う事が必ずしも、自分に合っているとは限りませんし、小さい不動産エージェントが全て自分のために動いてくれる、自分に合っているとも限りません。大手企業ですと信用できると思いがちですが、大手の有名エージェントですと、たいてい彼らのアシスタントなどが対応するので、その有名エージェントが実際に対応する事はありません。従って、そのアシスタントなどの対応や知識の深さなども含めて検討する必要があります。また、過去の顧客のレビューや過去の不動産経験を聞きながら、一番大切なのは、そのエージェントが自分のニーズを理解して、自分のために働いてくれる意思があるのか?そういった事もエージェント達に連絡をしながら、判断する必要があると思います。エージェント達の情報は、HAR.COMなどで日本語が話せるエージェントの欄がありますので、日本語を求めている方であれば、そちらから、インタビューをして、その対応の良さや知識などを聞きながら、判断すると良いと思います。(尚、このHARは、日本語が話せない書けない方も日本語が話せると掲載している方が多いので要注意です)
自分のニーズに合い、安心して任せられるエージェントが見つけられれば、この煩雑でストレスにもなりがちな、家の購入もスムーズにできるはずです。

最後に、家の購入の仕方の流れを説明した記事をこちらにまとめていますので、宜しければご覧ください。

よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-12-19 01:24 | ヒューストン家の買い方 | Trackback | Comments(0)

12/15-12/17までのヒューストンのイベントをまとめてみました   

2018年 12月 15日

別ブログに、12/15-17までのヒューストンのイベントをまとめてみました。宜しかったら覗いてみてください。
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

# by houstonrealtor | 2018-12-15 01:08 | ヒューストン観光情報 | Trackback | Comments(0)