タグ:ヒューストン家の売買 ( 50 ) タグの人気記事   

よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

はじめに   

2019年 12月 31日

ヒューストンで家を買おう!ブログへようこそ

米国テキサス州にあるヒューストン(アメリカでは4番目に大きい都市とされています)にお引越ししてくる予定の方、テキサスに興味がある方などの少しでも参考になれたらいいなぁと、
このサイトを開設しました。

今現在はANNOURA REALTY GROUP LLCという不動産会社に所属し、不動産エージェント(リアルター)としてヒューストンの皆様の家の売買や、賃貸、アパート探しなどのお手伝い、投資目的の家の売買を日本人の方をはじめ世界各国の方に提供しております。
私自身のウエブサイトはこちらです。 

ただし、このブログはビジネス目的ではじめたわけではありません。
私自身がリアルターになる前に、初めて自分の家を購入した際に、まったく家の買い方が分からないまま、自分のリアルターがいても、サポートもないまま、購入してしまったという経験から、少しでも家の買い方の基本が分かっていれば、あんな不安はなかったのに...という思いがあったらからです。
また、実際に家の売買をご案内させて頂いた際に、いくらメールや電話や直接会って説明しても、この複雑で困難な売買の手順をすんなり理解していただくことは難しい事が分かり、元々は自身のクライアントの為に、いつでもブログに戻って手順などを理解できるように作成しました。

ところが、そのブログを一般公開していたので、このブログから州外からヒューストンに移って来る方、家の購入を考えていた方などのお問合せがあり、
私のブログが役に立つかは分かりませんが、少しでも購入の手順などが理解できて、安心して家の購入やヒューストンの暮らしを始める手助けになれたらなぁと思って、
続けています。

かなり長い”はじめに”の文章になってしまいますが、私がなぜ不動産エージェントになったかの経歴を次の記事でお読みいただければ幸いです。


***テキサス州の規則で、不動産に関してのお問合せをされる場合にはこのリンクのIABSフォームという用紙をお渡しして、不動産の仕組みを理解していただく必要があります。こちらに不動産の仕組みは英語で説明されていますが、詳しい内容は各不動産会社にお問合せください***



[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2019-12-31 01:20 | はじめに | Trackback | Comments(0)

テキサスの不動産HOME STEAD EXEMPTIONの申し込み   

2019年 01月 08日

テキサス州で家を購入した場合、その年の途中から購入すると、持ち家である方に提供される固定資産税の割引(Homestead Exemption) が得られません。
その年の1月2日以降に家を購入した人は、翌年の1月1日以降にお住いのカウンティ―に、HOMESTED EXEPTIONの申込みを提出すると、その年の固定資産税に持ち家の方用の割引(約20%)が得られます。
去年家を購入してお住まいになられている方は、今年からこのHOMESTEAD EXEMPTIONが適用できますので、ご自身のカウンティ―にお申込みをしてください。
お住まいのカウンティ―にもよりますが、申し込み書類を郵送で送りますが、その時に、州の運転免許証(住所が自宅と一致している必要があり)のコピーなども送っていただく事が必要になります。

各カウンティ―の情報は以下の通りです。
Homestead Exemption Websites
Click on the County Link to view the Homestead Exemption Forms





[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2019-01-08 09:54 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

初めて家を買う人がおかす25のミス   

2018年 12月 19日

MOTLEY FOOLというアメリカのファイナンスや株などの情報が掲載されているサイトに興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

25 Mistake Made by First Time Home buyers
初めて家を買う方たちがおかす25のミス
(記事の本文は上のリンクをクリックしてください)

家の購入は大きな出費にもなりますが、やはりマイホームを持つというのはうれしいものです。賃貸でない、自分の家は、修理やら出費やらが出ても、自分の好きな色やデザインでリフォームできたり、愛着がわくものです。ただし、その前に色々準備と心構えは必要です。
この記事の項目から、私なりに重要なポイントだと思ったところをかいつまんで、そのアイテムの下に私個人の見解を追加してご案内させて頂きます。

1.自分の将来のプランが分かっていないのに家を買う
よく家の賃貸はお金を水に流すものだと言われ、その為家を購入するケースがありますが、将来の事を見据えて購入しないと、逆に家を持つことが負担になる可能性があります。アメリカは平均7年ごとに家を買い替えていると言われていますが、購入してから3年から5年くらいの将来の設計を考えて買う事が大切です。例えばお子様が生まれた場合、お子様を通わせる学校や環境などを考える、もしくはお子様が大学などで巣立つ場合は、大きな家にご夫婦のみで住む必要があるのか?などです。
勿論、計画外に、その間に仕事の転勤や家族構成が変わったりすることもあると思いますが、少なくとも3年から5年は住む事を考えて家探しを計画することが大切です。

2. 家を購入する家計の準備ができていないのに購入する
住宅ローンの利率が上がっている今日この頃ですが、今後も上がる可能性は大変高く、それで慌てて購入しようと思う方もいると思います。ただし、住宅ローンの許可が下りたとしても、家を持つという事はそれ以上の責任があり、マーフィーの法則ではないですが、購入後にポロポロ修理箇所が出てくるもので、予想外の修理や出費が出てきます。(エアコンが壊れる、屋根が壊れる、その他の修理など)そのような万が一の出費が必要な際に出せる預金はあるか?そのような資金も確認したうえで、購入を検討すると良いでしょう。

3.住宅ローンの仮許可がないのに家を探し始める
不動産エージェントを介して家を購入する場合、この住宅ローンの仮許可がないと、家を案内してくれないケースが殆どです。(不動産エージェントも、その顧客が本当に家を購入できる準備ができているのか?それとも、たんなる冷やかしなのか?を確認したいため)尚、住宅ローンの仮許可は、必要書類(確定申告書、W2 などの収入証明、銀行の残高など)を提出すればすぐに出してもらえるところが多いですし、無料で出してくれます。また、その住宅ローン会社でローンを組む義務はありません。もし、住宅ローン会社に仮許可などを得るにはまだ早すぎると思われる場合は、オープンハウスという週末などに家を一般開放しているところもあるので、そのようなところを各自で訪問しながらイメージを膨らませると良いかもしれません。

4. 住宅ローンの許可価格の家を探す
住宅ローンの許可の価格に沿って家を購入する必要はありません。2に述べたように、家の保持には出費も維持費もかかります。それを踏まえて、予算を考える必要があります。例えば維持費では、光熱費は勿論、ホームオーナーズアソシエーション代(地域の組合のようなもの)、固定資産税(こちらは通常住宅ローン会社が毎月のローンに含めて計算してくれます。エスクローと言います)家の保険(こちらもローンに追加して住宅ローン会社が計算してくれます)、万が一の際の修理代など。

5.住宅ローン会社を探し回らない
住宅ローン会社も沢山あり、利率以外にも、サービス内容なども異なります。利率が他社と比べて低い場合、ポイントなどを求められていないか?(ポイントというのは、利率を下げるために、クロージングの家の購入の際に予めローン会社に追加で支払う費用)など比較する必要もあります。尚、余談んですが、大手の銀行だからといって住宅ローンが良いという訳ではありません。こちらは別の記事でも説明をしていますので、ご参照ください。

6.自分のクレジットを確認しないで住宅ローンを申し込む
クレジットヒストリーやスコアで、例えばIDENTITY THEFT(身元情報盗難)の被害にあっていた場合やクレジットカードの支払いが少し延滞した場合など、スコアに影響します。その場合は、住宅ローンを申し込む前に、クレジットカード会社などに連絡をして、そのネガティブな情報を削除してもらう事が大切です。クレジットヒストリーやスコアは年に一度は無料で取得できるという法律がありますし、各クレジットカードや銀行でもクレジットスコアを毎月見れるようなシステムになってきています。
無料のサイトは、credit karma , free credit report などです。

7.低いダウンペイメントやゼロダウンペイメントで住宅ローンを組む
最近では最低5%のダウンペイメントで住宅ローンを組む事もできますし、ゼロダウンペイメントというプログラムも出てきました。購入時は出費が減るので良いのですが、その場合、コンベンショナルのローンの場合(一般の銀行などで出すローン)は、PMI(PRIVATE MORTGAGE INSURANCE)という保険を別途購入する必要が出てきます。こちらは家のローンが20%以下になれば取り外しができますが、その金額に達した場合には自らローン会社に申請しないと取り外してくれないので要注意です。通常この保険料は0.5-1%のローン額になりますので、それを避けるためには、最低20%のダウンペイメントを用意できるのが理想的です。ただし、最初のダウンペイメントを低くした場合も、毎月のローンでPRINCIPAL(ローン額の利息を除いたローン残高)に追加で支払いをすることができれば、毎月のローン額は通常よりも早めに支払いが進みます。毎月$100でも違いが出てきますので、そのような方法で、早めにPMIを取り除く事は可能です。(これらのローン関係は、住宅ローンのローンオフィサーなどに詳細を尋ねてください)

8.クロージングコストを理解していない
家の購入の際(クロージング)に持ってくる現金がいくらになるか?を理解しないで購入する。これは最も危険な事です。住宅ローンのダウンペイメントの他にも、ホームオーナーアソシエーション代や、家の保険(一年間先払い)そして固定資産税、住宅ローンの利息の先払い、クロージングをするタイトル会社の手数料などがかかってきます。 これらの支出も、住宅ローン会社などで仮許可などを依頼する場合に、概算で計算してくれますので(無料)お問合せをして予算を組むことをお勧めします。

9.ホームインスペクションをしない
これは、不動産エージェントを介して家を購入している場合は、必ずホームインスペクションは勧められますので、ないと思うのですが、このインスペクション代はBUYER購入者が出費するもので、金額は$450-500ほどかかります。その金額を出費したくないばかりに、インスペクションをしないで家を購入するというのは非常に危険です見た目以外にも、欠陥があるケースが多いので、インスペクションは必ず行って、その結果出てきた欠陥項目は不動産エージェントを介して、売主のエージェントと交渉をしていく必要があります。

10.家の購入前に大きな買い物をする
家の購入前には、大きな買い物(車のローン、家具をそろえる、家電をそろえる)などを控え、新しくクレジットカードを申し込むような事も避けてください。これらはすべてクレジットスコアに影響し、住宅ローン会社でも収入と支出の割合が上がるため、リスクをみなし、許可がされないケースが出てきます。
クレジットカードも、限度額いっぱいに使う事で、スコアが下がりますので、家の購入前は、常に限度額の50%以下(できれば20%-30%など)にとどめておいた方が良いかもしれません。

<おまけ>
11.間違った不動産エージェントを雇う
自らエージェントをしているので、ドキッとくる項目ですが、大切な項目ですので、おまけで追加させてもらいます。大手の有名エージェントを使う事が必ずしも、自分に合っているとは限りませんし、小さい不動産エージェントが全て自分のために動いてくれる、自分に合っているとも限りません。大手企業ですと信用できると思いがちですが、大手の有名エージェントですと、たいてい彼らのアシスタントなどが対応するので、その有名エージェントが実際に対応する事はありません。従って、そのアシスタントなどの対応や知識の深さなども含めて検討する必要があります。また、過去の顧客のレビューや過去の不動産経験を聞きながら、一番大切なのは、そのエージェントが自分のニーズを理解して、自分のために働いてくれる意思があるのか?そういった事もエージェント達に連絡をしながら、判断する必要があると思います。エージェント達の情報は、HAR.COMなどで日本語が話せるエージェントの欄がありますので、日本語を求めている方であれば、そちらから、インタビューをして、その対応の良さや知識などを聞きながら、判断すると良いと思います。(尚、このHARは、日本語が話せない書けない方も日本語が話せると掲載している方が多いので要注意です)
自分のニーズに合い、安心して任せられるエージェントが見つけられれば、この煩雑でストレスにもなりがちな、家の購入もスムーズにできるはずです。

最後に、家の購入の仕方の流れを説明した記事をこちらにまとめていますので、宜しければご覧ください。

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-12-19 01:24 | ヒューストン家の買い方 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン不動産協会より10月の不動産販売レポートが発表されました   

2018年 11月 15日

ヒューストン不動産協会HOUSTON ASSOCIATION OF REALTOR(HAR) から10月の不動産売買、賃貸のレポートが発表されました。
概要は以下の通りです。詳細は、このサイトからご覧ください。

昨年のハリケーンHARVEYの影響が続き、9月は売り上げが落ち込みましたが、10月は販売数、販売価格と共に通常に戻ったという結果になっています。
HARのレポートによれば、10月には6716の戸建てが売却され(一昨年は6417)これは4.7%の販売上昇になり、戸建て価格は、昨年と比較して5.3%の値上げとなっています。INVENTORY(今販売に出ている物件が全て売り切るまでの期間を示します。これが5か月以下であれば売り側に有利なマーケット、5か月以上であれば買い手に有利なマーケットとされています)は3.9か月(昨年は3.7か月)となっています。
戸建てのメディアン価格(中央値=売られている価格帯を見て一番中央の数値、平均価格とは異なります)は3.6%上昇した$234,653で、平均価格は3.5%上昇した$294,500となっています。これは10月の数字では記録に残る高い数字になります。戸建て価格$150,000以下の物件を除いてすべての価格帯の物件は、上昇しています。
一番強い販売結果を出したのが、ラグジュアリーマーケット($750,000以上の価格帯を示す)で、昨年の10月と比較して12%の上昇となっています。
全ての不動産の販売数(コンドミニアム、土地なども含め)は8127と昨年の10月と比べて6%の上昇、総合売り上げ金額は2.3ビリオンドルになります。

賃貸に関しては、戸建ての賃貸が7.3%上昇しましたが、コンドミニアムやタウンホームタイプは6.8%減少しました。平均の戸建ての賃貸価格は、$1754と一昨年に比べて1.1%減少し、タウンホームやコンドミニアムは平均価格が$1550と1.2%一昨年の10月に比べて減少しています。

全米のIVENTORY期間を比較すると、全米では4.4か月という数字が出ていますので、ヒューストンのINVENTORY数は3.9か月という事です。


以上が、HARからのレポートの概要になります。

ヒューストンのINVENTORY期間を見ても、全米の平均INVENTORY4.4か月と比較してINVENTORY期間は3.9か月と不動産販売マーケットとしては、まだ売り手に余裕がある数字を出していますが、全米の数字と共にINVENTORY期間は少しずつ上昇はしているようです。このINVENTORY期間というのは、一概に不動産のマーケットが良い悪いと言い切れない事がありますのでご注意ください。INVENTORYというのは、前述に挙げたように今マーケットに出ている物件が売り切れるまでの期間という事なので、マーケットに出る物件が極度に少ない場合は、同じ物件に複数の買い手が集中する事もあり、買い手の方が多くなることもあり、INVENTORY期間は減少する傾向にあります。逆に売り手が極度に多くなるが買い手の数が増えない場合は、買い手側には選択する余地はあるので、INVENTORY期間は増える傾向にあります。このINVENTORY期間が極度に短い場合は、価格の異常な吊り上げなどが出てきたりして、不動産バブルに繋がり、バブルがはじけた後の急激な価格下落などにもつながるので、一概にINVENTORY期間が短ければよいと言い切れないのも、正直なところです。

個人的な意見としては、家を住宅ローンなどで購入する予定の方は、まだ住宅ローンの利息は低めです(ZILLOWによれば4.73%)ので、まだ買う価値はあるかもしれません。今後またFBR(Federal Reserve Bank=連邦中央銀行)のレートが再び上がれば、それにともない利息は上がりますので、利息が上がれば、同じ価格帯もしくは少し下がった価格帯で家を購入しても、毎月のローン額は上がる傾向にあります。物件もある程度どのエリアでも販売には出ているので、急激な価格交渉はできないしても、多少なりとも交渉に応じる売り手も多く出てきているため、まだ買い時であるかとは思います。購入なども検討される方は、ご自身が購入する方が良いか、賃貸の方が良いかじっくり検討をする事も大切かと思います。(家の売買を決心する前に考える事に関しては、私のウエブサイトに少し情報を掲載しています)賃貸か?購入か?に関しての記事は後日掲載しますので、宜しければご覧ください。



[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-11-15 02:48 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

今週末KATYでオープンハウスがございます   

2018年 08月 03日

別ブログに、今週末のOPEN HOUSEの予定を記載しています。
宜しければご覧ください。

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-08-03 02:08 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

KATYの賃貸物件の値段が下がりました   

2018年 07月 23日

別ブログに、KATYエリアのPATTISON・MCMEAN・TAYLORの学区の物件の賃貸物件の値段が下がりましたという記事を載せています。
よろしければこちらをご覧ください。

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-07-23 01:35 | ヒューストン家の賃貸 | Trackback | Comments(0)

HARより6月のヒューストンの不動産販売情報が発表されました。   

2018年 07月 12日

ヒューストン不動産協会(HAR.COM )より6月の不動産販売状況の発表がありました。
HAR.COMの記事を簡単に要約しますと以下の通りです。

気温の上昇や、バケーションプランなどにもかかわらず、6月は一か月間の販売数やメディアンプライス(中央値)の上昇など、記録的な不動産の販売記録を出しました。戸建ての賃貸もとても強い需要を示しています。6月のレポートによると、8518の戸建て物件が売却されました。(去年の6月は8367)昨年と比較して1.8倍の上昇です。
メディアンプライス(中央値)は2.6%の上昇の$245,000となっており、平均価格は4.3%上昇の$316,643 となっています。これらの価格は先月記録を出し、ラグジュアリーマーケット($750,000以上の物件)にも昨年と比較して18.4%の販売記録を出す強い動きを見せています。6月の家の売買数は、初めての一万台をマークした、10,115件、この数字は去年の同じ月と比較しても1.7%の上昇。総合の売却価格は6.6%の上昇、$3ビリオン以上という数字を出しています。
6月の賃貸マーケットは複雑な動きを出しています。戸建て物件の賃貸は4.7%の上昇に対して、コンドミニアムやタウンホームの賃貸は4.2%下がっています。平均の戸建て物件価格は3.9%上昇の$1877、そしてコンドミニアムやタウンホームの平均価格は6.7%上昇の$1662となっています。

戸建てのINVENTORY(インベントリー…今売りに出ている物件が全て売れるまでの期間)は4.1か月、これは昨年の8月以来(4.3か月)の高い供給の数字になります。NAR(全米不動産協会)によると、全米の平均INVENTORYは4.1か月となっています。(註:インベントリーの数字は需要と供給を示すもので、6か月以下であると、売主に有利なSELLERマーケット、6か月以上であると、買主に有利なBUYERマーケットと言われています)

DOM(DAYS OF MARKET…物件がマーケットに出てから、買主との契約が成立するまでの期間)は、平均50日から48日に下がっています。DOMの価格帯に分けた数字は以下の通りです。
  • $1 - $99,999: decreased 29.0 percent
  • $100,000 - $149,999: decreased 23.7 percent
  • $150,000 - $249,999: increased 16.1 percent
  • $250,000 - $499,999: increased 18.0 percent
  • $500,000 - $749,999: increased 13.5 percent
  • $750,000 and above: increased 18.4 percent

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-07-12 12:44 | ヒューストン不動産 | Trackback | Comments(0)

ヒューストン、ダウンタウンのレトロなオフィスビルを改装した高層アパートがオープンしました。   

2018年 07月 06日

最近はダウンタウンに新築の高層アパートがどんどんオープンしています。
その中で先日訪れた少し変わった物件がありましたので、ご紹介します。
THE STAR
こちらはもともとテキサスの石油会社TEXACOのオフィスビルを改装したアパートなので、
建物自体はノスタルジックな外観を残し、部屋の中はモダンにオープンなスペースを作っています。
e0245771_02440046.jpg
高層のマンションで、24時間のコンセルジュがおり、バレットパーキング(代わりにガレージに駐車してくれるサービス)も無料です。
アパートはダウンタウンの中心部なので、ダウンタウンにオフィスがある方などは、車なしで仕事に行ける方もいると思います。
アパートにはWASHINGTON エリア(MIDTOWN)にできた話題のB&B BUTCHERS& RESTAURANTのオーナーの二号店(ステーキハウスではないようです)が同じ敷地内にオープンする予定です。かなり広いバースペースがあり、お酒や食事のルームサービスも行うとの事です。

敷地内にはプール、ジム、屋上にはラウンジスペースなどもありますが、プール以外の施設は7月下旬から8月に完成予定です。

(これはロビーにあるエレベーターです。レトロな雰囲気が良い感じ)

以下はロビーの雰囲気です。オシャレにまとまっています。
e0245771_02435436.jpg
モデルルームのベットルームです。バスルームは、シャワーのみ、もしくはお風呂タブがついているものなど選ぶ事ができます。ツーベットやワンベットの広いサイズであれば、両方兼ねる部屋もあります。 一番大きなキングサイズベットをおいても余裕がある広さです。
e0245771_02434452.jpg
キッチンは、白いキャビネットと黄色のバックスプラッシュ(キッチンの壁)のタイルと、ブラウンのキャビネットと少しミントブルーがかった水色タイルの二種類があります。アプライアンス(家電)はキッチンエイドのもので、全ての部屋にワインクーラーが備えています。
e0245771_02433443.jpg
最近はダウンタウンに人を集めるための計画がヒューストン市で大がかりで行われており、若者を中心にダウンタウンなどのヒューストンの市の中心に住む方が増えてきています。 ご興味のある方はお知らせください。 

尚、私自身も不動産サービスの一環としてヒューストンおよびヒューストン郊外のアパートのロケーションサービスというものを行っています。
こちらは、アパートの検索、ご案内(アパートのツアーにも同行)各アパートの特徴などのご説明、契約から入居まで一貫してお手伝いします。殆どのケース、アパート側が仲介料を支払うので、借家人の方は仲介料やサービス料などを支払うケースはございません。(*アパートにより異なるケースもあるので、お問合せください)
各自で行かれる場合も、アパートのリースオフィスでは部屋を見せてくれますが、リースオフィスのエージェントはかなりの早さで入れ替わりが多く、新しいエージェントなどはアパートの事をよく理解していないケースもありますので、適当な答えを言ったりするケースもあります。
個人でお探しの場合は、その点を十分ご理解の上、アパートにお問合せすることをお勧めします。

[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-07-06 02:04 | ヒューストン家の賃貸 | Trackback | Comments(0)

ヒューストンギャレリア付近の素敵な賃貸物件がマーケットに出ました   

2018年 07月 01日

ギャレリアエリア付近(TANGLEWOOD/BRIARGROVEエリア)の素敵にリノベーションされたタウンホームが本日から内覧が始まります。ロケーションが非常に便利なのと、ギャレリア付近の賃貸物件でこれだけ内装に手をかけている物件は非常に稀ですので、申込みが殺到すると予想していますが、ご興味のある方は、ご自身のエージェントに連絡していただき、内覧の予約を取ってください。 
エージェントがいない場合は、直接私にご連絡ください。

物件のお値段や広さなどの詳細はこちらをご覧ください。

ギャレリアから車で10分弱、メモリアル方面までも10-15分くらいの距離にある、少しヨーロッパの雰囲気を感じさせるようなタウンホームの外観です。タウンホームの道路はそのコミュニティーに住んでいる人専用の道路で、他に通り抜けできないので、プライバシーが確保できます。 その為、ヒューストンの中心地であるにも関わらず静かに暮らせます。去年のハリケーンでの浸水の被害もありません。家はオーナーが住んでおり、住んでいる間にほぼすべてのエリアをリノベーションしていますので、家の中はモデルルームのようにスタイリッシュで尚且つ、シンプルでモダンな雰囲気に仕上がっています。


e0245771_01194411.jpg
二階にマスターベットルームと、ゲストルームがあります。マスターベットルームはとても広く、ベットと、デスクをおいても十分な広さです。カスタムメイドのプランテーションシャッター(ブラインド)もついています。
e0245771_01153058.jpg
ゲストルーム(セカンドベットルーム)も、十分な広さです。こちらもプランテーションシャッターのブランドが付けられています。
e0245771_01150379.jpg

両方のバスルームも、リモデルしてとてもきれいになっています。 (マスターバスルーム。シャワーのみになりますが、十分な広さ)
e0245771_01142076.jpg
e0245771_01151928.jpg
(ゲスト用のバスルーム。バスタブあり)

キッチンも十分な広さで、今人気のグレーの色で統一されています。冷蔵庫はオーナーが一週間前に買い替えたもので、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機もついてきます。
e0245771_08460548.jpg
リビングエリアも広く、リビングには大きな窓がありますので、日中はとても明るいです。リビングの窓にはリモコンのブラインドがついています。
e0245771_08464355.jpg
e0245771_08480837.jpg

ダイニングエリアは天井が高いハイシーリングとなっているので、広々としたスペースで、天井には天窓がありますので、日中は自然光が入り、とても気持ち良くお食事ができると思います。 ガレージは、二台分の広さになりますが、2.5台分の広さがありますので、余裕をもって車を駐車できますし、自転車などをおいても余裕があります。
e0245771_08463037.jpg

ガレージには屋根つきの中庭を通りますが、中庭もオーナーがリノベーションしており、中庭でゆったり過ごす事も可能です。バーベキューグリルのアウトドアキッチンも完備しています。
e0245771_08483400.jpg
e0245771_08482090.jpg

コミュニティーは、中庭と公園のようなエリアがあり、大きなプールがあります。こちらはコミュニティーに住む方のみが使用できます。 また、コミュニティーでは、コミュニティー内でのプールパーティーなどのイベントを通して、住居人との交流を深められ、住居人の方たちともお知り合いになるチャンスが多くあります。 
e0245771_08501294.jpg
e0245771_08495965.jpg

コミュニティーからはKROGERは徒歩距離、そして道路の信号を渡った先は、CORNELIUS NURSERY というガーデンの店があります。因みにここはペット連れ可能です。また同じくCORNELIUSの隣は、TEXAS ART SUPPLYというアート関係の店があります。そしてCORNELIUSの横は、PEARLANDで並ぶ事で有名なKILLEN'S BBQのオーナーが出店しているKILLEN のステーキハウスがあります。KROGERまでも徒歩で行ける距離ですし(車では1分ほど)TRADER JOE'SやWHOLEFOODSなどもあります。レストランも近辺には多くありますし、WESTHEIMERに下りますと、TEPPAYなどの日本食レストラン(ランチがお勧め)や、DSWなどの靴のディスカウントショップなどもあり、ショッピングなども便利です。(因みに靴好きな私はDSWで殆ど靴は購入しています。オシャレなサンダルやヒールから、スニーカーまでディスカウント価格で購入できるのと、DSWの会員(無料)登録すると$10や$5などのクーポンが得られます)


[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-07-01 08:52 | ヒューストン家の賃貸 | Trackback | Comments(0)

ヒューストンのアパート暮らし 戸建てVS アパート暮らし   

2018年 03月 05日

今回はヒューストンでアパートを借りる事に関して少しお話しさせて頂きます。
アメリカでは、賃貸形式は以下のように分かれています。
①アパート
②戸建て賃貸
③マンション、コンドミニアム、タウンホーム賃貸

今回は、アパートに関して少しご説明させて頂きます。

アパートとは、建物すべてを一会社で経営しており、全て賃貸となっています。
利点は私の個人的な見解ですが以下の通りです。
●すべて賃貸物件なので、空きがある。(ただし人気のある所は眺めや日当たり、フロアプランなどが良いところがないこともある)
●家賃に修理なども含まれている(多くのアパートでは、電球の交換やエアコンのフィルターの交換も無料で行ってくれます)
●アパートの一階にリースオフィス(管理会社)があり、リーススタッフが修理の受付や、その他の対応をしてくれる
●荷物も預かってくれる(宅配便などもリースオフィスで預かってくれますので、郵便局に取りに行く手間が省けます)
●殆どのアパートの敷地内にプールや、ジム、ビジネスセンターなどが設置されている
●ペット受付可能(種類や数にもよりますが)
●ペストコントロール(害虫駆除)も家賃とは別途月々$2-3ドル払いますが、毎週業者が来るので必要であれば直ぐ対応してくれる
●庭などの共有部分はアパートの管理会社が行ってくれる。
●中途解約などの事項を受け入れてくれるところが多い(*ただしヒューストンに限ります。ヒューストン外のアパートは受け入れない所もあり)
●アパートにメインテナンスの方がいるので、アパートにメールやオンラインで修理依頼をすれば、メインテナンスの方が行ってくれる
●アパート内に、ドライクリーニングなどの受付があるところが多い。
●比較的新しい建物が多い。

逆に難点は以下の通りです。
●アパートなので、上下や隣家の音が気になる事があったり、逆に上下や隣家からの苦情を心配する必要があり。(通常4階までの作りのアパートは木造です。それ以上ですと間にコンクリートを敷くので、音がある程度抑えられます)
●部屋が②や③に比べて狭い
●契約期間は通常12-15か月。2年などの長期の契約はしてくれないので、長期でお住まいになる場合は、更新を繰り返す事になる(そして更新のたびに値上げされる傾向にあり)
●3ベットルームというタイプのアパートは非常に少ないため、家族が多い所は手狭になる。
●契約内容や料金などは、アパートで決まっており、契約書の内容を変更する交渉などは受け付けてくれない。
●せっかくアメリカに来たのに、アメリカ!という戸建ての広い家の経験ができない。

このような理由から、単身や小家族(ご夫婦のみ、もしくはお子様が小さい、お子様の数が少ない)であれば、
アパートの暮らしの方が楽であり、良いかと思います。

特に単身の方は、普段仕事で忙しいので、修理などの依頼や荷物の預かりなど、アパートが行ってくれるのは非常にプラスだと思います。戸建ての場合、修理依頼をすると、大家か管理会社が修理会社を手配し、修理会社が家に来るときに家にいて頂く必要があり、単身であればそれは非常に難しいと思います。
また、海外赴任初めての方などであれば、やはり管理オフィスがあるアパートの方が、暮らしやすいですし、奥様などが英語がお得意でない場合なども、管理オフィスがあれば、直接オフィスに行けば、対応してくれるので、慣れるまではアパート暮らしを選択する方も多いです。

戸建ては大きな庭があり、4-5つのベットルームと3-4つのバスルームがあり、ゆったりとしたリビングダイニングエリアなどもあり、アパートと値段が変わらないというケースも多いです。ただし、新築ではないので、暮らしていくうちに故障などはちょこちょこ出てきますので、大家や大家の雇った管理会社と、修理の依頼などのやり取りをする必要は出てきます。 

逆に家族が多い場合や決まった学校に通いたいがアパートがあまりない地区(KATYなど)に住む場合は、やはり戸建てがお勧めです。
戸建ての利点は、とにかくゆったりと広々と生活ができる事です。修理に関しての大家とのやり取りや、間取りが広いので電気代などがかかる事など難点もありますが、
契約は対大家となりますので、契約内容などは大家との交渉が可能というのは利点です。





[PR]
よろしければポチリとクリックください。励みになります!にほんブログ村 海外生活ブログ ヒューストン情報へ
にほんブログ村
テキサス州(海外生活・情報) ブログランキングへ

by houstonrealtor | 2018-03-05 10:06 | ヒューストンアパートの暮らし | Trackback | Comments(0)